読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいたま発〇〇行き

旅行に行きたい趣味コン行きたいいろいろ行きたいアラサー女子の日常です

趣味コン 動物園コン(ズーラシアコン)に行ってきた 集合~園内散策 前半戦

趣味コンに行きたいと思い続けている私ですが、

一度だけ趣味コンに行ったことがあります!!

 

趣味コンというキーワードでこのブログがヒットしたので、ちょっとその時の趣味コンがどんなものだったか、思い出しながら書いてみます!

 

趣味コンとは言っても、 動物園コン

しかも展示面積が日本最大級のよこはま動物園ズーラシア

普通の街コン、趣味コンとはかなり違うものかと思います

 

ではズーラシアコンとはどんなものなのか

タイトルにもある通り、戦場は動物園

かわいい動物たちを見ながら、200人近い男女が積極的にキャッキャ ウフフと自分のもてる力以上の女子力、男子力を駆使しながら、お相手を探すイベントです

 

200人でやるなんてカオスじゃないか、と思われるでしょうが、スタート地点に集められた状態は、間違いなくカオスです

もちろん動物園を貸し切りで行うイベントではないので、一般の来園者も大勢います

動物園にくる客層をご存じでしょうか

基本は小さな子ども連れの家族か、カップルです

つまり幸せオーラいっぱいの人たちなんです

そんな人たちに、なにあの集団、と思われながら200人の寂しい男女が集められてるんです

友達同士できてる人が多かったですが、あの見世物観はすごいです

 

で、出欠をとって集められたあと何が行われるかというと、開会式

マイクを使って大音量

このイベントでは、毎回大勢のカップルが誕生しています!みなさん、がんばってください!! みたいな

主催者と参加者の温度差が発生

 

開会式の後は、グループ分け

さすがに200人の団体行動を続けるわけではなく、10人ずつぐらいのグループに分けられました

ちなみに友達同士できてる場合は、できるだけ同じグループにならないように組まれます

 

で、このグループで動物園を見て歩くわけです

少人数ですし、動物を見ながら、売店があればなにか食べながら、になるので会話は弾みやすいです

しかし、当然ここでも戦場になるときはなります

 

この10人ぐらいのグループは何回かシャッフルされるんですが、集まったメンバーの気合の入り方によってグループの雰囲気はかなり変わるんです

グループみんなで和気あいあいとするときもあり、ペアで歩くことが多いグループもあり、男女で完全に別れてしまうこともあり、一人の女性が男全員を引き連れるような形になるときもあり

 

みんな素なのか作ってるのわからないですが、イベント慣れしていない私は一歩引いた感じで、純粋に動物園を楽しんでました

 

で、こんな感じで、前半戦が終わります☆彡

後半のイベントがあるので、続きます